Interview社員インタビュー

人間味溢れる開発設計技術者たち

ユニテツクの開発設計技術者たちは、それぞれの得意分野を軸に多種多様な開発設計の業務に携わっています。誰もが一年目からベテランではなく、未経験で開発設計の世界へ飛び込んでくる人、様々な開発設計に携わりたいと挑戦するために門を叩く人、経験を積んでさらに開発設計技術者として磨きをかけるために入ってくる人など、それぞれが様々な思いを胸に日々業務に邁進しています。
ユニテツクの特徴の一つでもある育成プログラムで技術をしっかり習得するだけでなく、人としてさらに成長できるようスタッフ同士お互いをサポートしています。



全くゼロからのスタートでも研修でしっかり学べる

技術部神谷 凌平

理学部物理科学科卒 平成27年入社

新卒でユニテツクへ入社。
大学では理学部物理科学を専攻。
「人を見ているよりも機械を見る方が自分に合っているかも」という理由から開発設計技術者へ方向転換しました。面接の時も「全く分からないけど大丈夫でしょうか?」と疑問をなげかけたところ、入社時の研修制度などで学ぶことができるということでしたので、安心して入社しました。
全くゼロからのスタートでしたので、最初は難しいの一言でした。今はトレースといって、図面通りに画面上に描く練習をしています。
とにかく速くこなせるようになることが課題です。

社内の雰囲気は自分向きで居心地が良い

コツコツ進める作業が好きで、頑張った時にほめられると嬉しくて、仕事が楽しくなります。
社内の雰囲気は静かで、集中して仕事ができるのが自分向きで居心地が良いです。わからないことがあると、その都度先輩に聞いて教えてもらい、それを吸収して一人で進められるようになれるよう頑張っています。

将来の目標は寡黙な仕事人

ユニテツクの良いところはメリハリがあるところで、仕事中と歓迎会などの懇親会の時のテンションが全く違っていて、切り替えがしっかりされているところが自分としては一番いいところだと思っています。
将来的には、あまり口を開かないタイプなので、言われたことがきちんとできている仕事人のような人になることが目標です。

何でも答えられる開発設計技術者になりたい

技術部臼井徳宏

工学部機械工学科卒 平成24年入社

中途入社の3年目。
前職はメーカーで機械設計を担当。
自動車を製造する生産ラインの一部や生活用品や食品などの生産設備を設計する会社で、ユニテツクと同じように幅広い業務内容でした。
ユニテツクでの仕事の流れは、取引先へ打合せに行き、社内へ持ち帰ってCADで設計し、図面を納めて完了です。
図面を描いているだけではわからないこともあるので、組立途中の機械を工場へ見に行くこともあります。
富山や浜松まで行くこともあります。
造るモノ自体がすごく大きい場合は、ユーザーがいて、商社が入ってといろんな会社や人がかかわっています。その中の一部分をユニテツクが請け負っているので、全体打合せにも参加します。大きい機械の場合は一人で設計することはなく、クライアントと一緒に考えながら進めていきます。

ユニテツクの良いところは、いろんな仕事に挑戦できること

ユニテツクではいろんな仕事に関われるので楽しい反面、結構必死です。でも、それが楽しい。
いろんな仕事に挑戦できて、何が出てくるか分からない状況で、自分の力がどこまで発揮できるか。
そこは挑戦的に取り組んで、おもしろくできればと思っています。

自分磨きができる環境がすごくいい

ユニテツクの働く環境としてはすごくいいと思っています。設計はとても勉強が必要で、学校で学んできたことと全く違い、やりながらわからないことは自分で調べます。
まわりには経験値の高い仲間がいるので聞けば答えてくれて、とても心強いです。
個人に勉強する機会が与えられていたり、社内で勉強会も開かれていて、さらに自分に磨きをかけていくことも可能。
資格取得についてもシステムが確立されているからぜひ受けることをお勧めします。

自分の目標は皆から質問されて答えられる立場になりたい。今は与えられた仕事に必死ですが、それ以外のこともしっかり答えられるようになって、取引先からもいろんな仕事を任されるようになりたい。

派遣で外の世界に触れ、新しい仲間と出会えることが楽しい!

技術部 係長菱田友和

工学部卒 平成13年入社

勤続14年。
機械設計をやりたいと思って、ユニテツクへ新卒で入社。
過去に6社で開発設計技術者の派遣社員として従事。
ユニテツクに入社して1年は本社で研修を受け、その後、派遣社員としていろんな会社へ行きました。派遣社員として取引先で仕事をしていた時は、いろんな人と出会えて都度仲間が増えてきました。今も交流があって、仕事で行き詰まった時は電話でアドバイスをいただいたりしています。
現在は、機械設計を主に担当。
専用機と呼ばれる工場の中に入っている部品をつくる為の機械を設計しています。取引先からの依頼は、今度こういうラインが立ち上がるので、それに合った仕様のジグを製作して欲しいといった感じ。製作期間は長く、大掛かりなものの設計も多い。

ユニテツクの良いところは、いろんなジャンルの設計ができること

企業に就職すると決まった設計しかできないんですが、ユニテツクはいろんな会社から依頼が入るので、いろんなジャンルの設計ができて、楽しいですね。
また、1フロアに人がたくさんいるので、お互いに相談し合ったり、それぞれに担当しているジャンルが違うので、そのジャンルに強い人に相談しにいくこともよくあります。

将来はユニテツクの社長になる

休みは土日に祝日としっかり取れています。
有給休暇も取りやすい環境です。
動くものが大好きで、休日は、バイクやジェットスキーなどを楽しんでいます。職場の仲間と海に、花火大会にと遊びにいくこともあります。
将来の夢はズバリ「ユニテツクの社長」になること。
ユニテツクの仲間は本当にいい人達なので、共に上を目指してがんばっていきたいと思っています。

ページの先頭に戻る